• 特集
    新年号特集

潮の響

潮の響=源氏物語に魅せられる

 「わが十二ものの哀れを知りがほに読みたる源氏枕の草紙」。12歳で初めて源氏物語を読んだ与謝野晶子は、33歳になって当時をこう回想する。以来晶子は源氏に魅せられ、その人生を賭け史上初の現代語訳に挑む▼近世期の『湖月抄』程度しかまともな注釈書...

続きを読む

伊豆新聞 デジタル お申込み
ご購読申し込み月は無料

ニュースカレンダー

お知らせ